ハッピーメールで美人局はあるの?実際におきた事件の詳細と対策

ハッピーメール

美人局(つつもたせ)とは、男女が関係を持ったことを理由に慰謝料として金銭を要求する恐喝事件です。

 

昔からある恐喝方法で「俺の女に手を出しやがって!」、「18歳未満に手を出すのは犯罪だぞ!」などといった、被害者の負い目を利用して揺すります。

出会い系が登場してからは、ターゲットの探しやすさから、犯罪の舞台は出会い系に移りました。

 

 

ハッピーメールも過去には美人局事件がおきており、利用するにおいて、注意・対策は必要となります。

 

というわけで今回は、ハッピーメール で起きた美人局事件と、美人局の傾向と対策を学んでいきましょう。

ハッピーメールで起きた美人局事件

出会い系サイトを利用し、「美人局(つつもたせ)」の手口で少女に会いに来た男性に集団でけがをさせ、現金を奪ったとして、兵庫県警少年捜査課と西宮署は18日、強盗致傷容疑で、通信制高校1年の男子生徒(18)ら16~18歳の少年5人と、中学3年の少女(15)の計6人=いずれも兵庫県尼崎、西宮市=を逮捕したと発表した。5人は容疑を認めているが、1人は「その場にいただけ」と否認しているという。
同署によると、男性と少女は出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合い、同市内のコンビニエンスストアで待ち合わせ、男性の車で公園に移動。その後、ベンチ付近に少年5人が駆けつけ、「強姦(ごうかん)になるぞ」などと因縁をつけて集団で暴行を加えたという。
逮捕容疑は13日午前0時ごろ、同市西宮浜の公園で、大阪市淀川区の会社員男性(30)を殴って顔に軽傷を負わせ、現金約1万円を強奪。さらに、少年らの車で移動し、同日午前7時ごろ、西宮市天道町の別のコンビニで現金10万円を奪ったとしている。

引用:産経WEST「強姦になるぞ」〝美人局〟容疑で少年少女6人逮捕 兵庫県警

2015年に兵庫県で起きた美人局事件です。

ハッピーメールで、少女と知り合った会社員の男性が、少年グループに暴行・恐喝を受けたという事件。

女子児童と会った男性が、未成年のグループに暴行を受けるという、美人局ではよくあるタイプの事件です。

 

 

注目すべき点としては、ハッピーメールがターゲットを見つけるのに使われている点ですね。

基本的に美人局は登録不要の出会い系を使って犯行がおこなわれ、電話番号や身分証が必要な出会い系では滅多におこりません。

 

ハッピーメールは年齢確認がある出会い系ですので、児童(18歳未満)は登録出来ないはずなのですが、おそらく犯人グループは他人の身分証を不正利用して登録したのでしょう。

 

安全性の担保でもある年齢確認が突破されているなんて、利用者としては怖いです。

美人局の脅しの手口の傾向

上で紹介したハッピーメールで起きた事件以外にも、出会い系を舞台にした美人局事件は年に何件も起きており、それぞれの事件を調べてみると犯行の手口には傾向があります。

人妻との不貞行為や未成年との性行為で脅す

脅しは、ただ脅すだけでは被害者がお金を払わない可能性もありますし、警察に逃げ込まれる心配もあります。

金銭を得るだけならば、ただ道行く人を恐喝した方がずっと早いはずです。

 

わざわざ美人局という形をとって脅すのは、「人妻に手を出すのは不貞行為だぞ。」、「18歳未満と関係を持つのは犯罪だぞ。」と被害者の負い目に訴えかけ「警察に逃げ込んだら、会社や家族にバレてしまうかも…。」と警察に助けを求められるのを避けるためですね。

 

特に、最近は、上で紹介したハッピーメールでおきた美人局事件のように、少年グループが、18歳未満の女性との関係をタネに恐喝する事件が多いように思えます。

性行為・性交類似行為の約束で会っている

美人局事件の多くで、犯人と被害者は、性行為・援助交際をする約束をして会っています。

会うだけでは犯罪になりませんし負い目にはなりませんから、性行為の約束は必ずといっていいほどあります。

 

ただ、犯行当日は性行為は実際おこなわれず、これからホテルに向かうという段階で脅される事件が多い傾向です。

ハッピーメールの事件でも、「強姦(ごうかん)になるぞ」との脅し文句からも、会社員の男性と少女の間で性行為をする約束をしていたのではないでしょうか。

当日会える人を探している

やり取りを開始してすぐに会う約束をするというのも、美人局に共通してみられることの多い特徴です。

どの事件も、被害者と犯人はあまりやり取りをおこなわず、「即日会える人」や、「明日会える人」として会っています。

 

犯行グループとしては、すぐに結果が欲しいものですし、複数人が集まっている時にそのまま計画を立てているのでしょう。

場所を指定して会いたがる・誘導する

これも、よく見られる傾向です。

美人局では、犯行がおこないやすいように、人気のない場所が待ち合わせ場所に使われていたり、人気のない場所への犯人による誘導があります。

ハッピーメールの事件でも、少女が公園へ行くように誘導をおこなったのではないでしょうか。

 

ニュースを見ていると、人気のない駐車場で恐喝がおこなわれることが多いので、駐車場に連れていかれそうになったら警戒してください。

無料の出会い系でターゲットを探していることが多い

ハッピーメールが犯行に使われたのは珍しいとお話しましたが、基本的に美人局は、ぎゃるる狩り事件のように無料の出会い系が使われます。

犯人としては、電話番号や、身分証明書が必要な出会い系を使ったら足のつきやすさを心配しますよね。

登録に手間もかかりますし。

 

広告収入で運営されている無料の出会い系は、登録いらずで管理もされていないので、かっこうの犯罪の場なわけです。

 

ただ、ハッピーメールで事件が起きている以上、利用者としては安心仕切らずに気を付けなければなりませんね。

美人局の対策方法

美人局は傾向があるため対策も容易です。

以下のポイントに気を付ければ極力リスクを避けることができます。

すぐには会わない

美人局は、当日会える人をターゲットにしていることが多いため、すぐに会わないようにすれば美人局のリスクを大幅に下げることが出来ます。

犯人も何日も無駄話をする余裕はありませんので、最低でも会うまでの期間を1週間以上はあけましょう。

 

これが、もっとも簡単で効果的な美人局対策です。

後ろめたい話には乗らない

美人局の多くは、「18歳未満との援助交際」など、被害者のやましい気持ちを利用して脅します。

はじめから、援助交際や人妻と分かっていて会うなど、後ろめたい出会いはおこなわないようにしましょう。

特に、脅しに使われやすい18歳未満には注意ですね。

 

そして、未成年や、人妻でも、性行為を約束していただけでは犯罪になりません

金銭を要求した時点で相手は恐喝罪ですので、毅然とした態度で「警察で話をしよう。」と伝えましょう。

相手の提案した場所では会わない

美人局は、待ち合わせ場所付近で待ち伏せていたり、人気の無い場所への誘導が決まってあります。

 

「明日、池袋で会える人募集」など、日時や場所を相手がこだわるようなら怪しいと思って下さい。

 

また、人気の無い場所に誘導されていると感じたら、美人局を警戒し逃げる心の準備をしておきましょう。

持ち物は必要最低限

出会い系で知り合った人に実際会う時は、持ち物にも注意してください。

僕は、古い財布を出会い系用の財布として、身分証や余計なクレジットカードは持って行かないようにしています。

なるべく、個人が特定できるような身分証などは持って行かないようにしましょう。

年齢確認・電話番号登録のある出会い系を使う

登録に手間がかかり、個人情報が必要な出会い系は犯行には滅多に使われません。

年齢確認は誰しもが突破できるわけではありませんし、個人情報を登録してまで犯人も利用しようと思わないのでしょう。

 

ハッピーメールで事件が起きてしまったといっても、やはり無料の出会い系と比べると安全性に大きな違います。

 

詐欺などほかの犯罪に巻き込まれるリスクも抑えられますし、年齢確認のある出会い系を利用し、その上で、「即会いをしない。」「援助交際をしない。」などの万全の対策をおこなうことが安全に出会い系を利用する上で重要です。

 

ハッピーメール公式サイトリンク
※18最未満は使用できません。

おすすめの出会い系サイト

PCMAX

会員数1500万人突破。
インターネット異性紹介事業の認可済みで安心して利用できます。
登録無料月額費不要のポイント制でコスパもよし。※女性は完全無料
アダルト投稿もOKなため、アダルト目当ての会員が多いです。
登録+年齢確認で無料ポイントもプレゼント中。
登録時にはスタートダッシュキャンペーンでポイント量最大1.5倍となりお得です。

PCMAXの攻略法

PCMAX公式登録(R18)

ハッピーメール

会員数2000万人突破!国内最大規模。
インターネット異性紹介事業認可済みで安心して利用できます。
登録無料月額費不要のポイント制です。※女性は完全無料
年齢層は20代前半が多め。
アダルト投稿OK。
登録&年齢確認&メール登録&プロフィール記入で最大で1400円分の無料ポイントプレゼント中。
登録しておいた方がいい出会い系の王様です。

ハッピーメールの攻略法

ハッピーメール公式登録(R18)

タイトルとURLをコピーしました