マッチングアプリで連絡先の交換はできませんと書いている人はサクラ?

出会い系のコツ
当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

マッチングアプリ(出会い系)で、

連絡先交換はできません。

LINE交換はできません。

SNS交換はできません。

会うまではLINEなどの交換はしません。

などと書いている人がたまにいますよね。

出会う目的であれば、LINEで交換を取り合った方がスムーズですし、

LINE交換にそこまでデメリットはないはずですが、それを嫌がるということは、この人たちはサクラなのでしょうか。

 

今回は、LINE交換を嫌がる人たちは何者なのかについて詳しく解説していきましょう。

♦出会い系攻略部推薦♦
遊びの関係におすすめな
マッチングサイト

↓↓
PCMAXweb版(R18)
スタートダッシュキャンペーンで最大15000ポイントアップ
インターネット異性紹介事業届出済みで安心
※利用には法令により年齢確認が必要です

連絡先を交換できない理由

出会う目的のマッチングアプリで、なぜ連絡先の交換を拒むのかというと、いくつか理由が考えられます。

 

・LINEを本名で登録しているため本名を知られたくない。
・連絡先を交換しても結局会わないことが多いので、LINEの友達を増やしてリストを汚したくない。
・LINE交換をすべて受け付けると、誰が誰だか分からなくなる。

 

LINEの名前を本名で設定している人も多く、マッチングアプリで知り合った相手には本名を教えたくないという慎重な人もいます。

 

そして、マッチングアプリではやり取りする人全員と会うわけではなく、会うまでに至る人はほんの一握りです。

会わずに終わった人が、友達リストに増えるのがなんか嫌だと感じる人もいます。

 

また、マッチングアプリでは大量の相手とマッチするので、LINE交換をすべて受け付けていると誰が誰だか分からなくなります。

LINEのアイコンを本人写真にしていない人は多いですし、マッチングアプリのプロフィールと紐づけられているわけではありませんので、それを嫌がる人もいるのです。

 

モチベーションが低く会えないことが多い

理由は様々ですが、これらの連絡先を嫌がる人たちは、出会いへのモチベーションが低く出会えないことが多いです。

 

LINE交換できないからといって、無理してマッチングアプリ内でやり取りを続けたところで、ほとんどのケースでフェードアウトという結末を迎えます。

ですので、LINE交換できませんと書いている人と意欲的にやり取りをしても、あまり成果は得られないと思っていた方がいいです。

 

まず、本名が知られたくないとは言っても、設定で変更することもできますし、変更できない事情があったとしても、カカオやインスタの代替となるアプリを使えばいいだけです。

そして、友達リストに名前が増えるのが嫌だという場合には、連絡しなくなったら非表示や削除をすればいいだけです。

また、誰が誰だか分からなくなるという人は、気に入った人だけLINE交換に応じればいいだけですし、そうした方が気に入った相手を取り逃すリスクがなくなります。

 

そして、マッチングアプリのチャットは、お世辞にも使いやすいものではなく、ワードでの検索ができなかったり、ほかのユーザーに埋もれてしまったり、不安定で読み込めないときがあったり、サーバー落ちもあります。

操作性や安定性は確実にチャットアプリの方が高く、待ち合わせの時もその方が安心です。

 

連絡先を交換するメリットの方が大きく、デメリットも対策ができるものです。

それなのに、連絡先の交換は出来ないとプロフィールに書いている人たちは、出会う気があまりなくモチベーションが低いユーザーになります。

 

実際に、返信頻度が遅い人が多く、フェードアウトしてしまうことがほとんどです。

ですので、相手をして時間を無駄にする必要はないのです。

メルレやキャッシュバッカーの可能性も

連絡先の交換はできないと自己紹介に書いている人は、メルレやキャッシュバッカーの可能性もあります。

 

メルレとは、運営が副業サイトから雇用している女性会員で、男性とチャットをしたり通話をすることで報酬が発生します。

中身は本物の女性ですし、会うことは女性の裁量によるので厳密にはサクラとは違うのですが、ほぼサクラのような存在で、メルレを雇っている会社のアプリの女性会員は100%メルレです。

メルレを採用しているアプリは、出会い系と見せかけたビデオチャットアプリであることが多いです。

例↓

ビデオチャットアプリHIBIKI(ヒビキ)は出会い系として使えるの?
HIBIKI(ヒビキ)は、App storeソーシャルネットワークランキング12位内と人気のアプリです。(2022年6月現在) チャットやビデオ通話ができるアプリで、アプリの説明には、シンプル、デザイン性、ユーザーフレンドリーをとことん追求...

 

キャッシュバッカーは、出会い系によっては女性が男性とやり取りするとキャッシュバックをおこなうシステムを採用しているものがあります。

これも中身は女性ですし、会うことは女性の裁量にまかされているのでサクラとは違います。

また、報酬料がメルレより圧倒的に低く、あくまで少しお金が返ってくる程度のものです。

ですので、バイト代にもならないのですが、気軽にできるのでキャッシュバック目当て登録している女性もいるんですよね。

 

 

このメルレやキャッシュバッカーは、LINEに移動をしてしまっては報酬が得られなくなってしまいますので、プロフィールに「連絡先交換は会ってからお願いします。」と書いてあることが多いのです。

彼女たちは報酬目当てでやり取りしていますので、会えることなんてないんですけどね。

 

そのため、プロフィールにLINE交換はできないと書いているユーザーは、メルレやキャッシュバッカーの可能性も考慮し警戒した方がいいです。

 

メルレやキャッシュバッカーの特徴や回避方法については以下の記事を参考にご覧ください。

出会い系で迷惑なキャッシュバッカー(メルレ)とは?
出会い系では、出会う目的では無い迷惑なユーザーも存在しています。 サクラ・誘導業者・キャッシュバッカーなど気をつけるべきユーザーは多くいるのですが、今回はキャッシュバッカー(メールレディ)の特徴・見分け方や、対処法、キャッシュバッカーの少な...

LINE交換はした方がいい

先にも話しましたが、LINE交換をすることにあまりデメリットはありません。

また、マッチングアプリのチャットは使いづらく、安定性も低いため、待ち合わせの時には結局LINE交換をすませていた方が便利です。

 

 

連絡先の交換はできないと自己紹介文に書いている人は、モチベーションが低くフェードアウト率が高いうえに、メルレやキャッシュバッカーの可能性もあるため、無理に相手をする必要はありません。

 

マッチングアプリは出会うためにやっている人が多く、9割以上の人は連絡先の交換に応じてくれます。

LINE交換は積極的におこなうことをおすすめします。

 

出会い系でアプリ内メッセージからLINEへ誘うタイミング
出会い系で、いつサイト内から、LINEや、カカオ、メールに移行すればいいのかは悩ましい問題です。 異性からメッセージが返ってきたものの、いきなりのID交換は怖いと思われるかもしれませんし、遅すぎると無駄にポイントを消費してしまいますよね。 ...
おすすめの出会い系サイト

PCMAX

会員数2000万人突破。
インターネット異性紹介事業の認可済みで安心して利用できます。
登録無料月額費不要のポイント制でコスパもよし。(女性は完全無料)
アダルト投稿もOKなため、アダルト目当ての会員が多いです。
登録+年齢確認で無料ポイントもプレゼント中。
登録はweb版がおすすめ!
スタートダッシュキャンペーンでポイント量最大1.5倍となりお得です。
※マッチングアプリの利用は法令により18歳以上である確認が義務付けられています。
確認方法は身分証とクレカ決済の2種類から選べます。

PCMAXの攻略法

PCMAXweb版公式(R18)リンク

ハッピーメール

会員数3000万人突破!国内最大規模。
インターネット異性紹介事業認可済みで安心して利用できます。
登録無料月額費不要のポイント制です。(女性は完全無料)
年齢層は20代前半が多め。
アダルト投稿OK。
登録&年齢確認&メール登録&プロフィール記入で最大で1400円分の無料ポイントプレゼント中。
登録はweb版がおすすめ!出会い系の王様です。
※マッチングアプリの利用は法令により18歳以上である確認が義務付けられています。
確認方法は身分証とクレカ決済の2種類から選べます。

ハッピーメールの攻略法

ハッピーメールweb版公式(R18)リンク

タイトルとURLをコピーしました