相手が格安SIMでもLINE交換する方法

出会い系のコツ

出会い系やマッチングアプリを利用していると、LINE交換をする機会は多いことと思います。

ですが、相手が格安SIMユーザーの場合にはLINE IDの作成と検索が使えず、スムーズにLINEへ移動ができない場合もあります。

 

そんな時は、以下の2つの方法でLINE交換をすることが出来ます。

QRコードでLINEを教える

1.LINEアプリを起動し、ホーム画面から、右上にある友達追加のアイコンをタップします。

2.友達追加画面になるので、QRコードをタップ。

3.QRコードが起動したら、右下のマイQRコードをタップ。

4.QRコードが表示されたら、右上の三つの点をタップ。

5.端末に保存をタップすると、QRコードの画像がスマホに保存されますので、そのQRを相手に送りましょう。

はじめから相手が格安SIMである可能性も考慮して、僕はLINEを教える時はQRコードで送るようにしています。

ですが、出会い系・マッチングアプリによっては画像送信が出来ないサービスも存在します。

そんな時は、メールやほかのSNSを介する方法もありますが、URLで友達追加をするとスムーズです。

URLでLINEを教える

画像送信が出来なくても、URLを送ってLINEアカウントを相手に教えることも可能です。

手順は、QRコードと4番まで同じです。

 

1.LINEアプリを起動し、ホーム画面から、右上にある友達追加のアイコンをタップします。

2.友達追加画面になるので、QRコードをタップ。

3.QRコードが起動したら、右下のマイQRコードをタップ。

4.QRコードが表示されたら、右上の三つの点をタップ。

5.メールで送信をタップすると、メーラーが起動します。

6.QRコードの上に、line.meではじまるURLが表示されますが、これがあなたのLINEのURLとなり、相手はこのURLをタップするとあなたが表示されるようになります。

カカオトークなら格安SIMでもID交換が出来る

LINE IDを使う場合は年齢確認が必要となり、一部例外を除いて年齢確認の出来ない格安SIMは、LINE IDが使えません。

上記の2つの方法を使えば、ラインIDを使わずとも連絡先の交換ができますが、出来ない環境の場合には、カカオトークであればIDを利用することが出来ます。

カカオトークはLINEと同じようなチャットアプリになります。

 

カカオトークのインストールをしている方は少ないので、LINEに比べID交換に応じてくれない方も少ないのですが、今のところ規制されていないのでそちらを使うほかありません。

タイトルとURLをコピーしました