出会い系用の2台目スマホを持ってよかった点と注意点

出会い系のコツ

僕は出会い系歴15年ほどなのですが、1年ほど前から出会い系用のスマホを使うようになりました。

僕は独身で恋人もいないので、あまり2台目スマホのメリットは無い……のかと思っていたのですが、なかなかどうして便利なんです!

 

というわけで今回は、出会い系用スマホを考えている人向けに、2台目スマホを持って良かった事気をつけた方がいい事をお話したいと思います。

不意のLINEに怯える心配がなくなった

僕はいままで、

彼女が出来たら出会い系を休む。

別れたら再開する。

という流れを繰り返して来ました。

 

 

そんな彼女がいる時に困るのが、LINEの友達一覧にズラッと並んだ女性達です。

彼女が出来ると女性たちを非表示にするのですが、ブロックするのにはおしい…。笑

 

 

すると、いつLINEが飛んできてトーク画面に彼女達が現れないかヒヤヒヤして過ごすわけです。

いきなり暇電かけてくる子もいますしね。

そのため、スマホをいつも肌身離さず警戒気味。

大丈夫なはずなのに、予想変換に他の女性の名前が出ないか心配で、彼女が覗き込むと微妙に画面の角度をズラしてしまう。

 

こんなの怪しいですよね。

浮気をしていないのに、指摘されたこともありました。w

 

そんな時に2台目スマホがあれば、彼女が出来た時は「スマホを新しくした。」と言ってメインスマホのLINEを教えれば以後、挙動不審にならずに済みます。

そして、新しいIDを教えたら、出会い系用スマホの彼女のみブロック後に削除すればOK。

 

といいつつ、出会い系用スマホを作ってから彼女はまで出来ていないんですけどね。笑

画像の整理がいらなくなった

出会い系をしていると、いつの間にか溜まっているのが、自撮りや、女性の写真、プロフィールのスクショです。

LINEで画像送信する時とか、間違って送りそうになったことないですか?

それが、スマホを分けた事で、プライベートの時に出会い系関連の写真を見られてしまう不安が無くなりました。

 

 

ただ、出会い系の女性にメインスマホで撮った画像を見せたい時に、1度Dropbox経由で出会い系用スマホに画像を送信しなきゃいけなくなったのはちょっと面倒ですね。

 

ですが、出会い系用とプライベート用がごちゃ混ぜだった時よりは使いやすいです。

美人局対策

出会い系で怖いリスクが美人局(つつもたせ)です。

とは言っても、すぐに会わない、割り切りの関係をしないなど対策を立てればリスクは大幅に減らせます。

ですが、僕は万全を期して、出会い系用スマホだけ持参し、メインスマホはお留守番させています。

万が一スマホを盗まれる事はあっても、面倒を最小限に抑える工夫ですね。

 

美人局対策につきましては、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

出会い系で美人局の被害にあわないための対策
時おり、ニュースで出会い系アプリを利用していた男性が美人局(つつもたせ)の被害にあったという報道を目にする事があります。 美人局とは、ターゲットが女性と肉体関係を結んだ、または結びそうである事を理由に因縁をつけ、金銭を要求する...

気をつけるポイント

僕は出会い系用スマホは、月々650円程度の格安SIMを契約し、中古のスマホに刺して使っています。

中古スマホは、文字が打ちやすい片手で操作出来るタイプを選びました。

そして、格安SIMですが、2つ注意点があります。

1.多くの格安SIMはLINE IDが使えない

LINE IDの作成は年齢認証が出来る携帯キャリアでなければ出来ません。

 

そのため、格安SIMの会社によっては、出会い系で重要なLINE IDの交換が難しくなってしまいます。

パソコンを使えば相手のID検索をすることはできますが、手順が面倒くさいんですよね。

QRコードは使えるのですが、出会い系によっては画像の送信ができません。

 

年齢認証が出来るキャリアは、docomo、au、ソフトバンクの三大キャリアと、格安SIMではLINEモバイルYahoo!モバイルの2つのみとなります。

 

僕は、安さを取ってLINEモバイルで契約しています。

2.出会い系によっては音声通話が必要

国産の優良出会い系を使うには、電話番号登録が必須です。

電話番号の確認方法は、SMS自動音声通話の2種類がありますが、中にはSMSでの確認が出来ない出会い系もあります。

 

大手出会い系ですと、PCMAX(R18)ワクワクメール(R18)は音声通話のみ。

ハッピーメール(R18)はSMSでの認証も可能になっています。

 

ですので、格安SIMに音声通話をつけない場合は、メインのスマホで出会い系に登録し、サブスマホでログインするという手順を踏まなければいけないのでお気をつけください。

タイトルとURLをコピーしました